LINEと野村HD、金融サービスで提携

LINEと野村ホールディングスが、スマホのアプリを使った金融サービスで業務提携の検討に入ったと報道されました。

両社は、今年5月末をめどに共同で新会社「LINE証券」をつくり、LINEが手がけるスマホのアプリ上で、投資信託の売り買いなどの資産運用のサービスを展開する方針とのことです。

両社では、野村側が培ってきたノウハウを生かし、7300万人を超えるLINEのユーザーに金融サービスを提供し、特に若い世代の取り込みを図りたい狙いがあると報道されています。

LINEは、ことしに入って新興のネット証券と提携したほか、仮想通貨の事業への参入を表明するなど、金融事業を強化しています。IT各社の間では、通信大手のKDDIが証券大手の大和証券グループ本社と資産運用のサービスを行う新会社を立ち上げたほか、ヤフーが投資信託をネットで売買するサービスを始めるなど、スマホを使う若い世代をターゲットに、金融事業を強化する動きが相次いでいます。