AIG損保、火災保険の保険金の一部をセブン銀行ATMで即時払いスタート

AIG損害保険は、セブン銀行のATM(現金自動預払機)で、個人向け火災保険の保険金の一部を即時に支払う損害保険業界で初のサービスを12月をめどに開始することが報道されました。

 

顧客はメールで通知された情報をATMに入力するだけで、保険金のうち10万円までを、24時間365日いつでも現金で受け取れるようになるとのこと。

 

火災保険の契約者が火災や自然災害などに遭った際は通常、保険会社が損害状況を審査し、契約者への保険金の送金手続きを行った翌営業日に銀行に現金が振り込まれますが、AIG損保のサービスは同社が保険金を支払い可能と判断すれば、1時間程度でATMから現金を引き出せるようになります。

 

銀行口座も不要で、災害などでキャッシュカードや通帳が手元にない場合も、顧客が当面の生活資金を賄えるようにすることなどを想定しているそうです。