2030年には新車の3割以上が自動運転レベル3にとの目標設定

政府が6月にまとめる成長戦略の原案が分かったと報道されました。

 

その中で、「自動運転車の普及」を柱とし、人による運転を前提とする道路交通法の見直しを2020年度までに進めるとしています。

 

更に、緊急時だけ運転手が操作する「レベル3」相当の自動運転車を、30年までに国内の「新車販売の3割以上にする目標」を掲げたとのこと。

 

まだ先の話といっていますが、一挙に展開することは想定されますよね。本当に「自動車保険」は残るのでしょうか。