香川で「インターネット・ゲーム依存症対策条例」が成立

子どものインターネットやゲームの依存症を防ごうと、コンピューターゲームの利用時間を1日60分までとする「目安」を盛り込んだ全国初の条例が18日、香川県議会で可決、成立したことが報じられました。

 

同県議会が提案したもので4月1日から施行する。

成立したのは「ネット・ゲーム依存症対策条例」。

 

18歳未満を対象にゲーム利用時間を1日60分、休日は90分とし、スマートフォンの利用については中学生以下が午後9時まで、それ以外は午後10時までとする目安を設けました。

 

子どもがゲームやスマホを利用する際、各家庭がルール作りの参考にするよう呼びかけるもので、罰則規定は設けていません。