金融庁、保険会社の出資ルールを改め、IT企業等への全額出資を容認する方針

金融庁は保険会社の業務範囲規制を見直すことが報道されました。

 

これまでの10%が上限とされていた出資ルールを改め、IT(情報技術)企業などへの全額出資を新たに認める方針とのこと。

 

銀行については法律を改正済みで、保険会社も規制の目線をそろえる意向。

 

金融とITが融合するフィンテックの普及をにらみ、金融機関が持つ膨大な取引データを生かした新しい金融サービスの創出を促すものです。