運転が安全なら保険料割引 (朝日新聞より)

損害保険大手の損保ジャパン日本興亜は21日、運転技術を診断でき、保険料の割引につなげられるスマートフォンアプリの提供を始めたと発表した。

 

あらかじめドライバーが診断を受けて安全運転と診断されれば、新規契約時に自動車保険料が最大20%安くなる。

「ポータブルスマイリングロード」というアプリを起動させて運転すると、全地球測位システム(GPS)で急ハンドルなどをとらえ、運転技術を診断。スコアに応じて、保険料を3~20%割り引く。診断の結果、保険料が割り増しになることはない。運転特性の違いから、本人以外の運転を区別できる技術を盛り込んだ。