認知症対策、「予防と共生」を閣議決定

政府は、認知症対策を強化するため、2025年までの施策を盛り込んだ新たな大綱を関係閣僚会議で決定しました。

 

発症や進行を遅らせることを「予防」と定義し、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す「共生」とともに2本柱の一つとして初めて目標に掲げました。

 

成年後見制度の利用を促進するため全市区町村に調整機関を新設することなども盛り込みました。