自動運転中の責任は車の所有者とする政府見解で任意保険の設計検討

損害保険各社は任意で加入する自動車保険について、システムが運転の主体となる自動運転車の対人事故も補償の対象とする方針であることが報道されました。

 

政府が自動運転中の事故は車の所有者に責任があるとの考え方をまとめたのを受け、具体的な保険の設計に入るとのこと。

 

自動運転は事故を巡る民事責任と補償の枠組みが固まり、安全を担保する要件など詳しい制度設計の段階に移るそうです。

 

自動運転に任意保険関係ないと言われたら損害保険代理店の殆どが存在しなくなりますので、政府の自動運転中での事故は車の所有者に責任があるという解釈は仕方ないと思います。

 

自動運転になったら自動車メーカーの製造物責任とする意見もあると思いますが、それをしたら自動車の価格は今よりかなり割高になります。

 

自動運転で運転者の過失等は減ると思いますので、今後の方向性を見守りたいです。