自動運転バス、今年から実用化を控え、安全運転競うサービスや技術開発が熱い

今年から国内で始まる予定の自動運転バスの実用化を控え、企業のサービスや技術の開発競争が熱を帯びていると報じられました。

 

綜合警備保障(ALSOK)は車両の内外での見守り技術を開発し、オムロンは運行管理の実験を始めたとのこと。

 

自動運転バスの技術・サービスは世界全体で8兆円市場になるとの見方もあり、新しいビジネスが生まれそうだと報じていました。