第一生命、詐欺防止へ福岡市と協定 (フジサンケイビジネスアイより)

第一生命保険は4月14日、営業職員を活用して、高齢者らの詐欺や悪質商法の被害を防止するための協定を福岡市と結んだ。

 

中高生を対象に、金融知識や消費者トラブルについての出前授業も行い、被害を未然に防ぐ。

 

福岡市内に約700人いる第一生命の営業職員が高齢者などの顧客を訪問する際、市が作成した被害防止の啓発チラシを配り、異常がないかどうかを確認する。被害が分かった場合は、市の消費生活センターに連絡する。

 

中高生への出前授業では、第一生命が開発したすごろくを使う。詐欺被害に遭った際の解決方法や、結婚など各年代のイベントでどういった出費があるかを学んでもらう。