生損保6社、ミャンマー参入

日本生命保険や東京海上日動火災保険など日系の生損保6社がミャンマー政府から現地での営業活動が認可されたことが報じられました。

 

各社は現地の保険会社と設立した合弁会社などを通じて保険商品を販売します。

 

少子高齢化で日本の保険市場の縮小が見込まれる中、各社はアジアを中心に市場拡大を進めており、保険が浸透していないミャンマー市場をめぐる競争が激しさを増しそうだと報じていました。

認可を受けたのは生保では日生のほか、第一生命保険、太陽生命保険。損保では東京海上のほか、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険。第一生命は現地の100%子会社で、他社はミャンマー政府の定める外資出資比率上限の35%まで出資し、保険販売を加速させる方針です。

人口6000万人弱を抱えるミャンマーの保険普及率(国内総生産に占める保険料収入の割合)は0.2%前後にとどまるとされ、ベトナム(2%程度)など他の東南アジア諸国に比べても低いとされています。

 

だが、近年は中間層の拡大で自動車や住宅の保有者が増え、自動車保険や火災保険の需要が急増。

 

現在は政府認定の同一の保険商品しか販売できないが、日系各社の参入を機に保険商品の自由化が進むと期待されていると報じていました。