生保6社で収入減 (日本経済新聞より)

主な生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。

売上高に相当する保険料等収入は、4月に保険料を値上げした影響などから軒並み減少した。

一方、本業のもうけを示す基礎利益は円安などを追い風に5グループで増益を確保した。

第一生命ホールディングスは基礎利益で2年ぶりに最大手の日本生命保険を上回った。

保険料等収入は横ばいのソニー生命保険を除く6グループが減収だった。保険料を上げた影響で個人年金などの販売が落ち込んだのに加え、日本生命では前年同期に大口の団体年金を受託した反動を受けた。

 

このほか、運用難に伴い多くの生保が契約時に数百万円をまとめて支払う「一時払い終身保険」の販売を停止したことなども減少につながった。住友生命保険は4月から外貨建て保険の取り扱いを始めたが、4~6月期の個人保険の新契約年換算保険料は11.2%減の238億円と全体の減少を補いきれなかった。

 

一方、基礎利益は5グループで増益だった。為替が円安に振れた影響で、各社とも外債などから得る利息配当金収入が増加した。第一生命HDは外貨建て商品を扱う子会社の利益が大きく膨らみ、15年4~6月期以来、2年ぶりに日本生命を上回り首位となった。