東証改革で、時価総額が低い地銀は降格となる可能性が高く波紋

東京証券取引所が検討中の市場改革が地方銀行に波紋を広げていると報じられました。

 

東証は上場市場の区分を見直し、1部に代わる市場の基準を引き上げる方向で、時価総額が低い1部上場の地銀は「降格」となる可能性が高いとされています。

 

厳しい環境に加え、市場改革からも経営の立て直しが迫られていると報じています。