東京都葛飾区が、認知症高齢者を対象に損保加入し、徘徊で起こした鉄道事故に備えるそうです

東京都葛飾区は認知症の高齢者を対象に、無料で損害保険に加入してもらう事業を始めると報じられました。

 

徘徊(はいかい)で鉄道事故を起こし、鉄道事業者から家族に多額の賠償を請求されるケースに備えるもの。

 

万一の事態に備え、家族の不安・負担を減らしたい考えだということです。

 

2019年度予算案に盛り込み、対象は区の見まもり事業に登録するそうです。