来年度の小学校での必修化の前に「プログラミング」体験

小学校でプログラミングの教育が来年度から必修化されるのを前にプログラミングの楽しさを体験してもらおうというイベントが札幌市で開かれたことが報じられました。

このイベントは子どもたちをはじめ小学校の教員や保護者にコンピューターを使ったプログラミングを実際に体験してもらおうと札幌市内の企業や財団が3年前から毎年、この時期に開催しています。

 

会場ではプログラミング用のソフトを使ってロボットに語らせたい言葉などを入力し、プログラミングしたとおりに実際に動くかを試すことができるコーナーや簡単なゲームをその場でつくることができるコーナーが設けられ、多くの家族連れで賑わっていました。

また来年度から小学校でプログラミングの教育が必修化されることにあわせて小学校の教員が実際の授業でも教材として使うことのできるゲームなどの体験コーナーも設けられていました。

子どもたちは講師の話を聞きながらパソコンに入力し、実際にロボットが動くとうれしそうな表情を見せていて小学5年生の女の子は「自分の入力した通りにロボットが動いたのがおもしろかったです」と話していました。