明治安田生命、弘前大などと「未病に関する共同研究」で提携

明治安田生命保険は、弘前大学、ヘルスケアベンチャーのミルテル(広島市南区)と「未病に関する共同研究」で契約を結んだと報道されました。

 

健康と病気の間である「未病」に着目し、疾病の予防・早期発見を促す狙いです。

 

弘前大の研究から得られた健康ビッグデータ(大量データ)と、ミルテルの未病検査(テロメアテスト)の結果を活用し、健康診断結果から算出可能な未病予測モデルを開発します。

 

モデルを用いて、簡易的な未病リスク評価やケアサービスの提供、同社の保険給付範囲の拡大を目指すというものです。

 

保険会社も「未病」に向け、動き出しましたね。