日経平均 30年5ヶ月ぶりに28000円台を回復

日経平均は大幅続伸し後場に入るとおよそ30年5カ月ぶりに28000円台を回復し、高値引けとなったことが報じられました。

 

7日の米国市場ではNYダウが211ドル高と3日続伸し、主要株価指数は揃って過去最高値を更新しました。

バイデン氏が正式に次期大統領に選出されたほか、12月のサプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況指数が予想外に改善したことも相場を押し上げました。