日生がオンライン販売参入

日本生命保険は、スマートフォンなどを活用し、保険商品の営業から契約まで一連の手続きを完結させるオンライン販売に乗り出す方針を固めたことが報じられました。

 

来年から順次始めるそうです。

 

生保業界では営業職員による対面販売が主流ですが、新型コロナウイルスの影響で顧客訪問が難しくなっており、非対面の営業を強化するのが狙い。

最大手の日生の参入で、業界のオンライン化が加速しそうだとも報じていました。

 

若年層や都市部を中心とした顧客の拡大を見込むとしています。

大手生保では、明治安田生命保険が来年4月からオンラインでの保険加入手続きを開始するほか、第一生命保険が2020年度内にもスマホを用いたネットでの保険販売を始め、住友生命保険は今秋にも、ビデオ通話を用いたオンライン営業を開始する計画で、インシュアテックに大きく舵を切っています。