日本生命、福岡の「ほけんの110番」買収で合意 (フジサンケイビジネスアイより)

日本生命保険は3月24日、来店型の保険ショップを展開する「ほけんの110番」(福岡県粕屋町)を買収することで合意したと発表した。

全株式を数十億円程度で買い取る。

4月の買収完了を目指す。

手薄だった乗り合い代理店の販路をてこ入れし、「複数の保険商品を見比べて選びたい」という消費者を取り込む。

 

ほけんの110番は全国89カ所に店舗を展開。

日本生命は自社の営業職員による販売に加え、こうした乗り合い代理店での販売を強化し、より多くの客層との接点を作りたい考え。日本生命による乗り合い代理店の買収は2015年5月の「ライフサロン」に続き、2件目