日本生命、円建て貯蓄性商品の取り扱いを再開

日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開したと報道されました。

 

日銀がマイナス金利政策を導入したのを受けて販売をやめていたものですが、運用技術の向上と、長期金利の上昇による運用環境の改善を背景に改めて販売することとしたようです。

 

日銀は7月31日、ゼロ%程度に誘導していた長期金利に一定の変動を認めており、金融機関にも商品展開を見直す動きが出そうだと報道されています。