日本のカレー店、本場インドに進出

カレーの本場インドに日本のカレーチェーンが進出することが報じられました。

 

カレーチェーン最大手の「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」は、三井物産と合弁会社を設立し、来年2月ごろをめどにインドの首都、ニューデリーか、その近郊で1号店をオープンすることを目指しています。

 

両社は直営店舗に加えて現地企業と組んでフランチャイズ方式での運営も検討していて、2030年ごろまでに30店舗程度を展開したいとしています。

カレーソースは日本のものと同じ味付けにし辛さのレベルやトッピングの具材などを選ぶ方式もそのまま持ち込みたいとしています。

一方、インドの文化に合わせて現地の店舗では「ナン」のほか、現地の人が好んで食べるチーズなどもトッピングに加えるとしています。

日本のカレーが本場・インドで通用するのか注目を集めそうです。