新駐日大使に指名されたハガティ氏、日本の市場開放に意欲 (NHKニュースより)

アメリカのトランプ大統領が新しい駐日大使に指名したハガティ氏が議会の公聴会に臨み、貿易赤字を削減するため日本の市場開放に意欲を示すとともに、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため日米で連携して圧力をかけていく方針を強調しました。

アメリカの新しい駐日大使に指名された、トランプ大統領の政権移行チームの元幹部、ウィリアム・ハガティ氏は18日、議会上院の外交委員会で指名承認のための公聴会に臨み、初めて公の場で対日政策について発言しました。
この中でハガティ氏は「私は日本に対する貿易赤字を削減するため、日本の市場へのアメリカ企業のアクセスを拡大したい」と述べ、農産物の関税の引き下げや、自動車市場の非関税障壁の見直しなど日本の市場開放を実現することに意欲を示しました。
また、「北朝鮮の核・ミサイル開発や東シナ海や南シナ海での中国の行動など急速に増大する安全保障上の課題を前に日米同盟へのアメリカの関与がこれまで以上に重要だ」と述べ、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため日米や韓国も加えた日米韓3か国で緊密に連携して圧力をかけていく方針を強調しました。

ハガティ氏は議会上院の承認が得られれば、オバマ前政権の2期目に起用されたケネディ氏の後任としてことしの夏にも日本に着任する見通しです。