新型コロナウイルスでの院内感染抑制に向け、オンライン診療要件緩和へ

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的に医療提供体制の維持・確保が大きな課題となってきたため、日本は病床の準備を急ぐほか、ビデオ通話によるオンライン診療を公的保険で認める基準を特例的に緩め、院内感染の防止も進めることが報じられました。

 

国内でも感染者が増え続ける状況で現場の対応が追いつくかどうかも焦点になると報じられていました。