家電量販店ノジマ、80歳まで就労可能へ

家電量販店ノジマは最長80歳まで従業員の雇用を延長できる制度を設けたことが報じられました。

 

雇用契約の上限を65歳から大幅に引き上げ、現場での販売員などで雇用延長を見込むそうです。

 

高齢者の就業機会確保が2021年春から企業の努力義務になることもあり、シニア人材の活用は企業にとって課題となっています。

 

労働集約型の小売業界では人手不足への備えとして、雇用年齢の引き上げが広がりそうだと報じていました。