地銀・SBI連携の新会社に大手コンコルディアが合流

SBIホールディングスと地方銀行などが連携して立ち上げる地域支援の新会社に、地銀最大手の横浜銀行と東日本銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)が合流することが報じられました。

 

低金利で経営環境が厳しいなか、コンコルディアはフィンテック技術に強いSBIと組みます。

 

新会社はインターネット金融などを手掛けるSBIと地域に地盤を持つ地銀が連携し、地方で対応が遅れているデジタル化の支援などをする方向とのことです。