去年の日本企業のM&A 金額、件数ともに過去最高に

去年1年間に日本の企業が行った買収や出資は、海外企業の買収やベンチャー企業への出資が増えたことから、金額、件数ともに過去最高になったことが報じられました。

 

去年1年間に日本の企業がほかの企業を買収したり、出資したりした件数は3850件で、前の年より26%増え、買収などの金額の合計も29兆8000億円余りと前の年の2倍以上に増え、件数、金額ともに過去最高になったそうです。

主なものでは、武田薬品工業が6兆円余りを投じたアイルランドの製薬大手、シャイアーの買収や、半導体大手、ルネサスエレクトロニクスが7000億円余りを投じたアメリカの半導体メーカーの買収など、海外企業の大型買収が目立ちました。

また国内では、トヨタ自動車グループがスマートフォン決済を手がけるOrigamiに出資するなど、大手企業がベンチャーの有望な技術やアイデアを取り込もうという動きが広がったことから、ベンチャーへの出資などが995件と、前の年より50%以上増えたということです。