厚労省、65歳以上の高齢者で月収62万円までは年金全額支給で、働く高齢者支援に

厚生労働省は働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度を見直すことが報じられました。

 

今は65歳以上で47万円を超える月収がある人は年金が減りますが、月収を62万円に引き上げて、対象者を減らす案を軸に議論するそうです。

 

60歳を超えても働く高齢者が増える中、年金が減る仕組みは就業意欲をそぐとの批判があり、見直しにより、働く高齢者を後押しする意向です。