働き方改革でホテルを10日連続で休みに

温泉地の大分県別府市にある大型のホテルは、来年1月15日から10日連続で営業を休みにし、およそ800人いるすべての従業員に長期休暇を取ってもらうことにしたことが報じられました。

 

別府市にある杉乃井ホテルは、客室数が大分県内で最も多いおよそ650室ある大型のホテルで、およそ800人の従業員が働いています。

このホテルでは、働き方改革を推し進めようと、年末年始の繁忙期を過ぎたあとの来年1月15日から10日連続で営業を休みにし、すべての従業員に長期休暇を取ってもらうことになりました。

このホテルでは、ことし1月も10日連続で営業を休み、売り上げは前の年より数億円減ったということですが、ホテル業界でも人手不足が深刻化する中、来年春の入社に向けた学生の採用活動では、応募者数が前の年の1.5倍に増えているということです。

 

ホテルや旅館などの宿泊業界では、従業員の人手不足が深刻化する中、新しい働き方改革の取組が進んでいますね。