住宅ローン変動型急増

住宅ローンを変動型金利で借りる人が急速に増えていると報道されました。

 

2017年度下期に借り入れをした人の56.5%を占め、前年同期に比べて9ポイント増え、過去最高になったとのこと。

 

超低金利が長期化するという観測に加え、マイナス金利政策の導入後に銀行間で過熱した固定型での金利競争が一服した面もありますが、日銀が将来利上げする際には返済額が増える可能性を抱える世帯が増えることになります。