住宅ローン固定型急減

固定金利で住宅ローンを借りる人が急減していると報じられました。

 

3メガバンクで住宅ローンを新規に借りた人のうち、固定型は足元で3割強にとどまるそうです。

 

全国でも固定型の比率は2018年度に30%と2年前から約20ポイント下がったそうです。

 

将来の金利上昇リスクは低いと判断し、固定型より金利の低い変動型を選ぶ人が多いとのこと。

 

長期金利の低下局面では返済額を確定する固定型に人気が集まる傾向がありましたが、超低金利の常態化でローン選びに変化が出ていると報じていました。