会社法改正案、社外取締役を非上場大企業を含め義務化

法制審議会(法相の諮問機関)の会社法部会がまとめた会社法改正の要綱案の全容が判明し、上場会社や非上場の大会社を対象に、社外取締役の設置を義務付けることなどを柱とした改正案が発表されました。

 

株主総会での一部の株主による提案権の乱発も抑え、企業と株主の対話を促すもので、2019年の通常国会に改正案を提出し、20年の施行を目指すとのことです。

 

会社法は法人保険代理店の根幹をなすもの。

 

保険業法以前に会社法対策ももう一度見直すと良いと思いますね。