人口減少率過去最高に 42万4千人の自然減で12年連続の減少 

総務省が発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人だったことが報じられました。

 

減少は8年連続。

 

減少率は0.21%で、統計を取り始めた1950年以来、最大となりました。

 

外国人の過去1年間の入国者数から出国者数を差し引いた純流入数は16万5千人で6年連続で増えました。

 

約270万人の外国人が国外に流出し、海外からは約287万人が流入しました。

 

外国人が総人口に占める割合は1.76%になりました。

1年間の出生数から死亡者数を差し引いた人口の自然増減は42万4千人の減少となりました。

 

自然減は12年連続で、1年間の出生児数は94万4千人、死亡者数は136万9千人でした。

男女別では男性が14年連続、女性は10年連続で自然減となりました。

 

年齢層別の割合をみると、15歳未満の人口は全体の12.2%で過去最低となり、70歳以上は20.7%と初めて20%を超えました。

 

労働の担い手となる15~64歳の「生産年齢人口」は、51万2千人減の7545万1千人、総人口に占める割合は59.7%で、50年以来最低となり、人手不足が成長の足かせとなりかねない実態が浮き彫りとなりました。

 

生まれた年の元号別の人口では、平成生まれが3352万8千人となり、総人口に占める割合は前年から0.9ポイント上昇の26.5%、明治・大正生まれは140万5千人で1.1%、昭和生まれは9151万人で72.4%となりました。

 

人口推計は国勢調査をもとに毎月の人口移動などを加味して推計するもので、総務省が毎年4月に前年の10月時点の数値を発表しているものです。