中野区が単身高齢者の居住支援事業「あんしんすまいパック」を2019年1月からスタート

東京都中野区はひとり暮らしの高齢者や障害者の住宅確保を支援する事業を、2019年1月から始めると報じられました。

 

家賃の滞納や孤独死への懸念から、アパートなどの家主が高齢者らの入居を拒否する事例がでていますが、区が民間企業と組んで見守りや死亡時の対応をすることで家主の不安を軽減し、高齢者らに貸しやすくしようという狙いです。

 

事業名は「中野区あんしんすまいパック」。

 

見守りのほか、入居者が亡くなった場合の葬儀対応や残された家財の片付けなどもします。

 

利用料金は月約1900円とし、最初に必要な登録料約1万6000円は区が全額補助します。

 

区によると、類似のサービスは初期費用だけで10万円以上するケースが多いとのことです。

 

利用には所得制限など一定の条件がありますが、19年3月までに40件の利用を見込むそうです。

 

中野区内のひとり暮らしの高齢者は、15年が約2万2000人だった。30年には約3万1000人へと4割増える見通しで、需要は益々増えると思います。

 

官が民と提携して、こうした展開をもっともっとすべきですね。