中小企業のイデコ利用推進を促すよう制度を使いやすくする検討に入る

厚生労働省は、個人型確定拠出年金(イデコ)をめぐり、特に中小企業の従業員の利用を促すため、加入する際に企業が掛け金を上乗せできる制度を使いやすくする検討に入ったと報じられました。

 

企業側の掛け金を役職に応じて柔軟に増やせるようにし、仕組みを使える企業規模の要件も緩和するそうです。

 

制度の使い勝手をよくして普及を進め、人生100年時代の老後資産の形成を後押しする方針です。