中国のグーグル バンドゥが日本で自動運転実験へ

ソフトバンクグループのSBドライブは、中国の百度(Baidu)が提供する自動運転システムのプラットフォーム「Apollo」を搭載した自動運転バス「Apolong」の日本での活用に向けて、百度の日本法人であるバイドゥと協業することに合意したと発表したと報道されました。

両社は、SBドライブが開発している遠隔運行管理システム「Dispatcher」と、百度のApolloを連携させ、日本の公道における自動運転バスの実用化を目指し、2018年度中に日本で実証実験を開始する予定としています。