三井住友海上、シンガポール最大手損保 買収 (NHKニュースより)

人口の減少などを背景に国内市場の縮小が懸念される中、大手損害保険会社の「三井住友海上」は、1700億円余りを投じてシンガポールで最大手の損害保険会社を買収し、成長が見込めるアジア市場で事業の拡大を図ることになりました。