三井住友海上、あいおいニッセイ同和、スマホで保険料振替口座 印鑑レス加速

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は“印鑑レス”の取り組みを加速し、業務の効率化や顧客の利便性を向上することが報じられました。

 

保険料が引き落とされる口座について、スマートフォンで登録できるサービスを始めました。

これまでの紙での手続きも残すが、インターネットを経由する方法に移行していく方針です。

 

印鑑レスの取り組みは主に新規契約時を想定し、「ネット口座振替受付サービス」として開始。

顧客は代理店から案内された2次元コード「QRコード」をスマホで読み取り、希望する金融機関や口座情報を入力する仕組みになります。

 

紙での手続きの場合、約10%の頻度で口座届け出印が異なる不備が発生していましたが、印鑑レスでこうした問題を解消、保険料領収業務の効率化が期待されています。