三井住友海上 新興企業を保険開発やVC紹介で支援

三井住友海上火災保険がスタートアップの本格支援に乗り出すと報じられました。

 

収益が少ないスタートアップでも加入しやすい保険商品を開発したほか、資金調達や販路開拓などを総合的にサポートし、新規株式公開(IPO)前から接点を作るというもの。

 

事業活動のさまざまなリスクを補償する商品でスタートアップ用の新プランを設計し、将来の見込み売上高があれば事業計画書不要で引き受けられるそうです。

 

通常は引き受け条件として一定以上の売り上げが原則必要でしたが、他にもグループのベンチャーキャピタル(VC)の紹介や取引先企業とのビジネスマッチングなどを実施するそうです。