三井住友信託銀行 相続にブロックチェーン

三井住友信託銀行は相続手続きにブロックチェーン(分散型台帳)を使う実証実験を月内に始めることが報じられました。

 

大手銀行や証券会社など13社の金融機関が参加し、実務上の課題を探るそうです。

 

預金や株式など相続財産の目録を電子管理することで、手続きの短縮と業務の効率化につながるとみており、2020年度中の実用化をめざすことが報じられました。