ミニ保険 1000億円市場に拡大

身の回りのトラブルに備える「ミニ保険」の市場が拡大している。日本少額短期保険協会によると、2018年度の保険料収入は前年比12%増の1032億円と初めて1000億円を超えたことが報じられました。

 

スマートフォンで手軽に契約できる商品の投入などで若年層からの支持が高まっており、保険大手も参入し始めています。