ホンダが自動運転「レベル3」の車を2020年度中に国内で発売へ 世界初の認可取得

ホンダは、高度な自動運転の機能を搭載した「レベル3」の乗用車を2020年度中に国内で発売すると発表したことが報じられました。

 

高速道路での走行時に視線を前方から離しても運転が可能な機能を、高級車「レジェンド」に搭載するそうです。

 

国土交通省からの認可を得、レベル3の車の実用化を国が承認したのは世界で初めてとなります。

 

「レベル3」は一定の条件のもとであればハンドルやブレーキなどの運転操作をシステムに任せることが可能になるものです。

 

ホンダが国交省から認可を受けた乗用車は、同社が新たに開発した自動運行装置「トラフィックジャムパイロット」を搭載していて、高速道路が渋滞しているか、渋滞に近い状態で、車の速度や天候など一定の条件下なら運転操作を自動化でき、前方の車を追走できます。

 

ドライバーは緊急時に運転を引き継げる態勢を求められますが、前方から目を離してスマートフォンやテレビを視聴できるようになるそうです。

 

価格や発売時期などの詳細は明らかにしていませんが、高齢ドライバーとかには良いですよね。

 

自動運転がいよいよ本当の世界になって来ましたね。