フリーランス向けの所得補償 最長70歳まで加入可能に

損害保険ジャパン日本興亜は10月からフリーランス向けに最長70歳まで所得を補償する保険商品を販売すると報道されました。

 

従来は1年単位で契約を更新していたが、けがや病気で長期間働けなくなった際の不安が大きいため、補償期間を大幅に広げるというもの。

 

約1000人のフリーランスが参加するプロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(東京・中央)の会員を対象とし、仕事のほか旅行中のけがや病気も含め、働けなくなった際に平均月収の最大85%を補償するそうです。

 

補償期間は1年からで最長は70歳満了まで。保険料は30歳男性が月収15万円分を補償してもらう場合、年2万円程度。団体割引を適用し、個人で加入する場合に比べ保険料を2割引き下げるという内容とのことです。