ビットコイン 新興国で需要急増

新型コロナウイルスの感染拡大により新興国からの資金流出が続く中、通貨安が進む国で暗号資産(仮想通貨)ビットコインへの需要が高まっていることが報じられました。

 

アルゼンチンやレバノンなど、資本規制で外貨が入手しづらい国ではドルに代わる資金逃避先として購入が相次いでいるとのことです。

 

2017年末のバブルのような盛り上がりはないものの、自国通貨が不安定な地域では資産として着実に浸透しつつあると報じていました。