トヨタ 総合職の採用に占める中途採用の割合を中長期的に5割に

自動車業界で自動運転など次世代技術に対応するため、中途採用を拡大する動きが広がってきたことが報じられました。

 

トヨタ自動車は2019年度に総合職の採用に占める中途採用の割合を18年度の1割から3割に引き上げ、中長期的に5割とするとのこと。

 

ホンダは19年度、採用全体の約4割に当たる約660人を中途採用に充てるそうです。

 

IT(情報技術)などの専門人材を中心に確保し、給与も実績に応じ評価するそうです。

 

日本の製造業の代表である自動車業界で中途採用が増え、日本型雇用は転機を迎えていると報じていました。