ソニー生命の外貨建てを住友生命 営業職員が販売へ

住友生命保険とソニー生命保険が業務提携したことが報道されました。

 

2019年1月にも、ソニー生命の外貨建て保険を住友生命の約3万人の営業職員を通じて販売する。

大手生保が商品販売で協業するのは珍しい。

 

日本銀行のマイナス金利政策で国内の円建て商品の利回りが低く抑えられるなか、米ドルなどの外貨建て保険は比較的高い利回りが得られるため、販売が伸びている。

 

住友生命は銀行で販売するタイプの外貨建て保険しか扱っておらず、今回の提携で契約者の選択肢を増やすことが出来ることに加え、ソニー生命から販売手数料も得られる。