ソニー生命、豪生保会社買収検討 (日刊工業新聞より)

ソニー生命保険は出資する豪生命保険会社クリアビュー・ウェルスの買収を検討する方針だ。

経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビューが26日報じた。

ソニー生命は2016年10月、クリアビューの発行済み株式の14・9%を1億4500万豪ドルで取得。海外生保への出資は初めてで、収益源の多様化を図る狙いがあった。

クリアビューは豪保険市場で11位。時価総額は9億3300万豪ドル規模だ。同紙によると、ソニー生命はクリアビューの通期決算(年度末は6月)などを見極めた上で、7―9月期に買収提案に踏み切るか判断する構え。

 

日本の生保による豪事業買収では、日本生命保険が15年、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の生命保険子会社を24億豪ドルで買収した。豪州は所得水準が高く、人口増加で保険市場成長も期待できる。