セブンイレブン、7月中におにぎり全品の包装をバイオマスプラスチックに切り替え

コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパンは、7月中にも、おにぎり全品の包装を「バイオマスプラスチック」と呼ばれる素材に切り替えることが報じられました。

 

これはサトウキビを原料に配合し、石油の使用割合を減らした素材で、プラスチックごみ(廃プラ)削減につなげる狙いがあります。

 

セブンは、全国約2万1000の店舗で、年間に約23億個近いおにぎりを販売していて、包装の切り替えにより、プラスチックの使用量を約260トン、二酸化炭素(CO2)の排出量を約400トン、それぞれ削減できるそうです。

海洋汚染を引き起こす廃プラの削減が社会的な課題になる中、セブンはすでに、回収したすべてのペットボトルを再利用する取り組みを始めています。

 

ほかのコンビニ各社でも、脱プラスチックの動きが広がっており、拍車がかかると報じられました。