カプコン 16000人情報流出

カプコンは1月12日、プレスリリース「不正アクセスによる情報流出に関するお知らせとお詫び」第3報を公開し、新たに16,406人の個人情報流出を確認したことを明らかにしたことが報じられました。

 

2020年11月16日、第3者よりオーダーメイド型ランサムウェアによる不正アクセス攻撃を受け、カプコングループが保有する個人情報の流出が判明。

 

カプコンによれば、この攻撃により、9人分の個人情報流出が確認されていましたが、調査が進められた結果、新たに16,406人の流出が確認されたということです。

 

これにより、流出した可能性のある顧客・取引先等社外の関係者の個人情報は、最大約39万人(前回より約4万人増)であることも判明したことになりました。

 

なお、カプコンは、ネット販売等における決済を全て外部に委託しており、クレジットカード情報を保有していないため、今回の不正アクセス攻撃によるクレジットカード情報の流出はないとも発表しています。