すかいらーくHD、約200店舗閉店へ

ファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる業績の立て直しに向け、不採算店舗などおよそ200店を来年末までに閉店することを正式に発表したことが報じられました。

 

ただ、閉店に伴う人員削減はせず、配置転換で雇用を維持するそうです。

 

「すかいらーくホールディングス」は、ことし1月から9月までの9か月間の決算を発表し、最終的な損益が去年の黒字から一転して146億円の赤字となりました。

これまで未定としていたことし12月までの1年間の業績予想についても、最終的な損益が150億円の赤字となる見通しを示しました。

また、決算と合わせて、来年末までに不採算の店舗などおよそ200店を閉店することを正式に発表しました。

一方で、閉店に伴う人員削減は当面行わず、新たに発足させた店舗や、設備の点検を行う部署に社員を配置転換するなどして対応する計画です。