「pring」(プリン)をご存知ですか

NIPPON PAY社と業務提携して、電子マネーについて学習するようになりました。

 

例えば、何故、中国ではキャッシュレス化が進んでいるのか。

 

一つは防犯対策。

 

キャッシュ持っていなければ強盗に遭うこともないですよね。

 

もう一つの理由は紙幣の汚さ。

 

とても触りたくないくらい汚れた紙幣が多く、自然キャッシュレス化が進んだ訳です。

 

従って、銀座にあるブランドショップも「財布」を買うのは日本人だけで、中国人は財布は持たないので買わないのだそうです。

 

こんなプチトークはキャッシュレス化推進のキラーワードで使えますよね。

 

電子マネーとしては、ウィペットペイ、アリペイという中国発のものが有名で、日本でもドコモのDマネーが伸びています。

 

みずほ銀行が推進しているものが、「pring」(プリン)。

 

簡単にダウンロードできますので、ネクタイ派手夫もスマホに登録しました。

 

「pring」は、お金を送る、貰う、お店で払う、pringにチャージする、pringから口座に戻す場合の手数料は0円になります。

 

電子マネーを推進するためには利用できる店舗でタブレットを設置して貰わないといけません。

 

結心会所属の保険代理店では、既存契約者を軸に、新規開拓したい商店もターゲットに、決済タブレットを「無料配布」しています。

 

決済タブレットの活用方法で分からないことがあれば、配布した保険代理店に聞いて貰えるスキームにして、保険代理店に多くの商店主が来店できるようにしてあります。

 

既に相当数のタブレットの配布が始まっています。

 

商店開拓に活用したいという保険代理店の皆様、是非、トライしてみて下さい。

 

電子マネーから保険マーケット開拓というスキームは間違いなく成功するモデルになると考えています。